くらさぽ広場

くらしを豊かにする情報発信サイト!

試験に備えて集中力UP!脳に効果的な食べ物をご紹介するくら!

      2016/01/18

受験勉強

いよいよ明日からセンター試験!頑張ってきた勉強の成果を披露する舞台くら!

悔いを残さないためにも、試験が始まるギリギリまで、できることは全てしたいくら!そこで今回は集中力をアップさせる食べ物をご紹介するくら!

 

朝食には低GI食品!

五穀米

玄米、五穀米、全粒粉パンなど、ダイエットなんかでも話題の低GI食品、GIが低いというのは食べた後に上がる血糖値が低いってことくら!

糖は脳にとって唯一のエネルギー源で、欠かすことはできないものくら!

だけど、血糖値が一気に上がってしまうと、今度は体が血糖値を下げようとして、反動で一気に血糖値が下がるくら!

血糖値が一気に下がると、イライラや眠気を誘発して、集中の妨げになるくら↓↓

低GI食品なら脳に必要な糖を緩やかに供給してくれるから、血糖値の急激な低下を起こさず脳にエネルギーを渡すことができるくら!

朝ごはんにこういった低GI食品をとれば、一日中集中力が高まるくら♪

 

ビタミンB1が決め手!豚肉や大豆食品

pork

脳の活動に必要なエネルギー源の糖だけど、この糖をエネルギーに変換するためにビタミンB1が必要くら!

豚肉や大豆製品といったビタミンB1が豊富な食べ物を糖と一緒に取ることで、糖をエネルギーに効率的に変換して集中力をUPさせることができるくら!

低GI食品と一緒に食べて欲しいくら!

 

果糖がポイント!フルーツ類

fruits

糖の中でも、フルーツに含まれる果糖は、他の糖に比べて血糖値を少ししか上げずに摂取できる糖くら!

低GI食品で書いたように急激な血糖値の上昇はイライラや眠気につながるもの。

血糖値をあまり上げずに効率的に糖を摂取できるフルーツは集中力UP食材としておすすめくら!

 

ココ一番に!チョコレート

choco

チョコレートに含まれるテオブロミンは、集中力のみならず記憶力や思考力もUPさせる効果があるくら!

また、同じく含まれるポリフェノールにはネガティブな感情を抑え、自律神経に働きかけてリラックスさせてくれるくら!

ピーナッツチョコレートだと、さらにピーナッツにに含まれるレシチンとコリンにテオブロミンと同様の効果があるからおすすめくら!

脳に必要な糖分も取れて一石三鳥のチョコレートだけれど、いままで書いてきた通り血糖値の急激な上昇は悪影響をもたらすから、食べすぎには注意くら!

試験直前、ここ一番に食べておくと良いくら♪

 

効果的だけど飲みすぎ注意!コーヒー

coffee

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインには、血流を良くして眠気をとり、集中力を上昇させる効果があるくら!

ただし取りすぎると覚醒作用が強すぎてイライラし、逆効果になることもあるくら!

コーヒーは1日2杯を目途に程よく飲むのがポイントくら♪


 

 

医食同源という言葉が示す通り、食べ物は体調に大きく影響を与えてくるくら!

我が子が受験生!というお家は、今回ご紹介した集中力に良い影響を与える食べ物を食べさせてあげて、出来る限りのサポートをしてほしいくら!

 
参考:やる気スイッチは脳にある!集中力を高める食べ物・飲み物まとめ | プルーレ
   集中力を食べ物と飲み物で高める! 効果的なのはどれ? | Plus Times

 - コラム