くらさぽ広場

くらしを豊かにする情報発信サイト!

3月3日は桃の節句♪ひな祭りで女の子の健やかな成長をお祝いするさぽ!

   

3月3日は桃の節句♪ひな祭りで女の子の健やかな成長をお祝いするさぽ!

来週木曜日は3月3日。女の子にとって大切な行事、ひな祭りさぽ!
特に初節句の時は、事前に準備をしっかりしてお祝いしてあげたいさぽよね♪

今日は、そんなひな祭りの由来やお祝いのやり方をまとめてみたさぽ〜!

ひな祭りの由来って?

『ひな祭り』は、平安時代に中国から伝来の行事と日本の「雛遊び」が結びついてできたといわれております。
毎年3月3日に、女の子が美しく成長し、災難を払い末永く幸せになれるように祈り、祝う日として『ひな祭り』があります。
引用:雛祭りの由来・豆知識 [子供の行事・お祝い] All About

ひな祭りは、女の子が美しく、健やかに成長することを祈る行事さぽ!

雛祭りは何をすればいいの?

お雛様を飾る

お雛様は赤ちゃんにとっての災厄を代わりに引き受けてくれると考えられる、守り神のようなもの。女の子が生まれたなら、ぜひ準備してあげて欲しいさぽ。
なにも豪華な七段飾りじゃなくても、内裏雛や手作りのお雛様だって素敵さぽ!

お雛様を飾る時は、一夜飾り(3月3日の前日)を避けて、二週間前くらいから飾るようにするさぽ。そして、ひな祭りが過ぎたら、3月4日の朝には片付けておくようにするさぽ!
これは、早くしまわないと婚期が遅れるという言い伝えから。
お雛様を飾る時やしまうときは、子供にも手伝わせて、人形を大切にする心を教えるさぽ^^

お祝いの料理を用意する

女の子がこれから美しく、末永く幸せになれるように、下記のような縁起の良いものを食べるといいさぽ♪

  • はまぐり(女の子の美徳と貞節を意味する)
  • よもぎ(薬用効果があり、菱餅の緑に使われています)
  • えび(えびの赤は生命を表します)
  • はす(見通しのいい人生)
  • 豆 (健康でまめに働ける)

ちらし寿司やお吸い物など、春らしい彩りの料理でお祝いするさぽ♪

盛大にパーティーをしても♪

ひな祭りのパ-ティーは、3月3日当日か、3月2日の夜(青節句)にやるようにするさぽ。
パ-ティは子供たちが集まってやったり、両家の両親(祖父母)や日頃親しくしている方などを呼んで、みんなで賑やかに初節句のお祝いをするのもいいさぽね♪

次女の場合のお雛様は?

お雛様は身代わりとなってくれる守り神。
お母さんのお下がりを飾るのは、本来の初節句の意味するものではなくなってしまうさぽ。
赤ちゃんへは赤ちゃんの為のお雛様を準備することが、本来の健やかなる成長・厄除けへの意味を果たすことになります。

かといってまたお雛様を用意するのは、金銭的にも飾り場所的にも悩むところ…
そんな時は、木目込みのお雛様にしたり、親王飾りにしたりするといいさぽ♪
「あなたのお雛様は、あなたを守ってくれるんだよ」と話して、お雛様を大切にするさぽ!

しきたりにこだわらず、自分たちの生活スタイルにあった素敵なひな祭りを過ごすさぽ*^^*

参考:この贈り物がうれしい笑顔の玉手箱 誕生日祝いや結婚祝い、出産祝い、結婚記念日、お父さん、お母さんへの贈り物、ギフトなどをまとめた贈り物百科
   雛祭りの由来・豆知識 [子供の行事・お祝い] All About

 - コラム, その他