くらさぽ広場

くらしを豊かにする情報発信サイト!

7月7日、今日は【七夕の節句】さぽ☆彡

   


たなばた

今日7月7日は七夕さぽ☆彡

織姫と彦星が年に一度だけ再開できるロマンティックな日、願いごとを短冊に込める日といった印象を持っている人が多いのではないさぽ?

そこで今回は、実際はどんな由来や意味があるのかを調べてみたさぽ(*^^*)

 

☆七夕の由来

a0830_000527

七夕は五節句のひとつさぽ!
「陽数」とされる縁起の良い奇数が連なる7月7日の夕べに行われるため「七夕の節句」と呼ぶようになったのが由来さぽ。
笹を用いて行事をすることから、別名「笹の節句」とも呼ばれているみたいさぽよ☆

七夕は、中国伝来の【七夕伝説】と【乞巧奠(きこうでん)】に、日本古来の【棚機つ女】の伝説や【お盆前の清めの風習】などが結びついて、現在のようなかたちになったさぽ(*^^*)

☆七夕伝説(星伝説)

七夕のルーツは、中国伝来の七夕伝説(星伝説)にあるさぽ☆

「天の川の西岸に住む機織りの名手・織姫と、東岸に住む働き者の牛使い・彦星が、織姫の父親である天帝のすすめで結婚したところ、仲睦まじくするばかりで二人とも全く仕事をしなくなってしまいました。
これに怒った天帝が、天の川を隔ててふたりを離れ離れにしましたが、今度は悲しみに明け暮れるばかりで働かなくなってしまいました。
そこで、仕事に励むことを条件に七夕の夜に限って再会することが許され、七夕になると天帝の命を受けたカササギの翼にのって天の川を渡り、年に一度、再会するようになった」というお話しです。

引用:http://allabout.co.jp

七夕のメインテーマは恋愛だと思われがちだけど、ふたりが引き裂かれ再会に至る経緯に、七夕の本意があらわれているさぽ!
背景を知った上で織姫と彦星の再開を願うと、また違った見方ができるかもしれないさぽね(*^^*)

☆なぜ短冊に願い事を書くの?

a0002_000313
短冊に願い事を書くのは、「乞巧奠」に由来しているさぽ☆
「乞巧奠」では、貴族が手芸、詩歌、管弦楽、文字などの上達を願い、梶の葉に文字を綴ってたさぽ(*^^*)

現在のような七夕飾りになったのは江戸時代さぽ♪
寺子屋が増え、習字や習い事の上達を願う行事として親しまれ短冊に願い事を書くことが広がっていったさぽよ(^_-)-☆

ただ短冊は何が欲しい、どこへ行きたいといった欲望ではなく、習い事や勉強など物事の上達を願うのが筋なんだそうさぽ\(◎o◎)/
そのほかには、「無病息災」や「家内安全」、「織姫」や「天の川」といった七夕にちなんだこと、和歌などが相応しいとされているさぽ(*^^*)
ただ願い事を書いていたけど、こんな決まりがあったんださぽね~!

今日の夜は綺麗な星空が見えるといいな~(*´∀`*)

 
参考:http://allabout.co.jp

 - コラム