くらさぽ広場

くらしを豊かにする情報発信サイト!

家庭の味が格段に上がる!出汁特集☆その1

   

味噌汁

みんなは料理に使う「出汁(だし)」をとったことはあるさぽ?
お味噌汁などに使うみたいなんだけど、出汁を使うと味の深みが格段にアップするみたいでわたしも気になっているのさぽ♪

今日は出汁について調べてみたさぽ(*^^*)

その中でもまずは一番万能で使いやすい【昆布だし】についてまとめてみたさぽよ!

まず出汁について…

「出汁(だし)」とは、料理に旨味を加えるためのものさぽ!
最近は手軽に料理に取り入れられるように、パックされたものも販売されているけれど、天然素材で手作りした出汁の方が、健康的で栄養価値も高いのさぽ(^_^)

手間はかかるかもしれないけれど、栄養価やコスト面を考えると手作り出来るようになりたいさぽね~

出汁の種類

出汁

出典:http://www.fushitaka.com/otm

まず出汁の種類について知る必要があるさぽね!

味噌汁の具材を基準に考えてみると、
野菜類…煮干、鰹だし
魚介類…昆布、干し椎茸
肉類…昆布、干し椎茸

それぞれ単独で出汁をとっても美味しいけれど、複数の出汁を組み合わせると風味が増すさぽよ(^_-)-☆

出汁のとり方

昆布だし

昆布

昆布だしには、水からとお湯から2つの方法があるさぽ!

【水出しの場合】

  1. 水1リットルに対して30グラムの昆布を使うさぽ。
  2. まず最初に昆布の表面を軽く拭き取りますが、旨味成分の白い粉は残すようにしてほしいさぽ!
  3. 水に昆布を10時間じっくり漬け込むさぽ!
  4. その後火にかければ、出汁として使えるさぽ(^_^)

【湯だしの場合】

  1. 割合は先ほどと同様に、水1リットルに対して30グラムの昆布さぽ!
  2. そしてこちらも昆布の表面を綺麗にするために、軽く拭いてほしいさぽ。
  3. 両端にハサミで切り込みを入れるさぽ!
    こうすることで旨味が出やすくなるのさぽ☆
  4. 鍋に水と昆布を入れたら、1時間弱浸してふやかすさぽ。
    この時まだ火はつけないさぽよ!
  5. ふやかした後、そのまま火にかけるさぽ。
    細かい気泡がたくさんついてきたら、沸騰する前に昆布を取り出して完成さぽ\(^o^)/

 

今回は昆布だしに的を絞ったから、次は違う素材で出汁をとる方法を調べておくさぽね♪
早速昆布だしから試してみるさぽ\(^o^)/

 

参考:http://by-s.me/article/141160423136242098

 - その他