くらさぽ広場

くらしを豊かにする情報発信サイト!

すぐしまっちゃダメ!?お布団のお手入れ方法まとめ!

   

眠る女性

平均睡眠時間は7~8時間、実に一日の三分の一は布団と一緒に過ごしていることになるくら!

そんな長い時間一緒に過ごす布団が汚れていたり、ごわごわになってしまっていると、人生の3分の1を悪い環境のなかで過ごすことになるくら;;

そんな損をしないためにも、今回は人が最も長く一緒に過ごす家具の一つ、布団のお手入れ方法をまとめてみたくら!

快適に使い続けるには?

寝起きにすぐしまうのはNG!

人は寝ている間にコップ一杯程度の汗をかいているくら!

起きてすぐ押し入れなどに布団をしまうのは、コップ一杯の水をこぼした後そのまましまうようなもの!

起きたら掛け布団や毛布を足元にまとめて、しっかりと乾かしてからしまう方が良いくら!

シーツを必ずつける!

布団は大きい分普通の衣服のように気軽には洗えないくら!

汚れから布団を守るためにも、シーツやカバーは必ずつけて、こまめに洗うくら!

また、シーツやカバーをしておくことで表面のこすれや傷が付きにくくなって、ずっと長持ちするようになるくら!

十分な湿気対策を!

布団の一番の敵は湿気!

特に一人暮らしを新しく始めた人なんかは、出し入れが面倒で布団をずっと敷いていたら裏側に黒いポツポツが…なんて体験をした人も多いんじゃないかな?

湿気や汗をそのままにしておくと布団はダニやカビの温床になってしまうくら!

フローリングや畳に敷くときは直接敷かずに下にすのこを敷いたり、こまめに干したりして、湿気対策をしっかりしておくくら!

布団の干し方

布団を干すタイミング

布団を干すのは布団内の湿気をとることが目的だから、できるだけ湿度の低いタイミングで干したほうが良いくら!

時間帯は10:00~15:00くらい、晴れが続いている日に干すのがいいくら!

晴れてても前日が雨だと湿度が高く布団が乾きにくいくら!

布団を干す頻度

掛け布団なら月1回程度、敷布団なら週1回程度が目安と言われているくら!

とはいえ梅雨時期などはなかなか晴れた日が続かないもの、そんな時は家庭用の布団乾燥機を使うとどんな天候の日でも干せるからおすすめくら!

高温で乾燥させることで普通の日干しでは難しいダニ退治もできるものがあるから、そういったものを買えば湿気・ダニ対策がいっぺんにできて一石二鳥くら!

布団は叩く?叩かない?

軽くであれば、表面のとりにくい埃や汚れをたたき出す効果があるから叩いた方が良いくら!

ただし叩きすぎは厳禁!強くたたくと布団の中綿や側面の生地を傷めてしまって、布団の寿命が縮んでしまうくら!

 


 

布団がふかふかで清潔な状態かどうかで、睡眠時間の質は全く違ったものになってくるくら!

朝晩冷えこんできて布団のありがたみが増してきたこの時期、しっかり手入れして長く大切に使ってほしいくら!

参考:羽毛布団リフォームサービス

 - 暮らし, コラム