くらさぽ広場

くらしを豊かにする情報発信サイト!

我が子の晴れ姿!七五三ってどんな行事?

   

着物を着たの子供の後ろ姿
人生で2回しかお祝いできない七五三は、子供を持つご家庭には一大イベントさぽね!

でもそもそも七五三ってどういう行事だったさぽ?
お祝いする前に意味や由来を知っておこう!

七五三とは

七五三は、11月15日に子供の成長を祝い、これからの健康を願う日本の伝統的な行事さぽ!

昔は乳幼児の死亡率が高く、生まれて3〜4年たってから現在の戸籍にあたる人別帳や氏子台帳に登録されたさぽ。
そのため、今まで健康に成長したことへの感謝と、3歳で言葉を理解し、5歳で知恵がつき、7歳で永久歯が生えてくるといった発育の節目であることから、七五三のお祝いが行われてきたといわれているさぽ!

現在では、近所の神社や有名な神社に出向いて、参拝や祈祷をしたり、お食事をしたりしてお祝いするさぽね。

何歳でやるの?男女の違いは?

七五三は昔からの習わしでは、それぞれ数え年で、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお祝いするさぽ!

男の子と女の子でお祝いする歳が違うのは、昔からの伝統に基づいたものなんださぽ^^

数え年3歳(満2歳になる年)

男女ともにお祝いします。江戸時代には子供の産毛を剃っておくと将来は健康な髪が生えてくると信じられていたため、男女問わず3歳までは坊主にする習慣がありました。3歳になり髪を伸ばし始める「髪置きの儀(かみおきのぎ)」を行います。

数え年5歳(満4歳になる年)

男の子のお祝いをします。人生で初めて袴(はかま)を着用する「袴儀(はかまぎ)」を行います。袴は、江戸時代の武士が公の場で身に着ける盛装(せいそう)であったことから、この儀式は幼い少年にとって、男として社会の一員になるという意味合いを持っています。正式な晴れ着としては袴を着用するほかに、紋付と羽織も着用します。

数え年7歳(満6歳になる年)

女の子のお祝いをします。3歳まで着物を結んでいた付け紐(つけひも)から、成人と同じ丸帯(まるおび)をつけ始め、女性として社会の一員となるという意味合いを持っています。

七五三はなぜ11月15日?

旧暦の15日は、二十八宿の鬼宿日(にじゅうはっしゅくのきしゅくにち:鬼が出歩かない日)で、婚礼以外は何をするにも吉とされていました。旧暦の11月は、田畑の収穫を終えて実りを神様に感謝する月でした。

その11月の満月の日である15日に、氏神への収穫と子供の成長に感謝を捧げ、加護を祈るようになったことが、七五三の日の由来といわれています。明治の改暦以降は、新暦の11月15日に行われるようになりました。

また、江戸幕府5代将軍綱吉が長男の健康を祈ったのが11月15日だったことも、七五三が11月15日に行われるようになったきっかけといわれています。

最近では11月15日前後はお参りや写真撮影が混み合うということもあって、日にちにこだわらず、10月中旬~11月下旬で、六曜の縁起の良い日(大安、先勝)や家族の都合のよい日にお祝いをする家庭が増えているみたいさぽ^^

千歳飴について

千歳飴
江戸時代に、子どもの健やかな成長と長寿の願を込め、「長く伸びる」という縁起にあやかって、おめでたい紅白の長い棒飴がつくられたと言われているさぽ!

この千歳飴はお福分けとして歳の数だけ袋に入れ、親戚やご近所に配る習慣があるさぽ。
おじいちゃんおばあちゃんやお隣さんに配って、日頃の感謝を伝えるさぽ♪
数少ない我が子の着物姿をカメラにも記憶にもとどめておきたいさぽね^^
大きく育ってくれたことに感謝して、お祝いしてあげるさぽ!

 

参考:こそだてハック

 - 暮らし