くらさぽ広場

くらしを豊かにする情報発信サイト!

デニールって何?タイツの見え方・暖かさを知るさぽ♪

   

タイツを履いた足元
重ね着ができる秋冬はファッションを楽しめる季節さぽ^^♪

特にタイツは、女性にとって寒さも防げて足も細く見えるおしゃれアイテム!
選ぶときのポイントになるのは「デニール」だけど、その違いによっての見え方や暖かさって実際のところ知らない人も多いんじゃないさぽ?

今回はデニール数によってタイツの違いを比較してみるさぽ!

そもそもデニールって何?

デニールとはタイツを編んでいる糸の太さ(重さ)の単位。9000mに糸を伸ばした時の重さが基準となっており、9000mで1gの糸が1デニールです。
つまり80デニールのタイツは、9000mに伸ばすと80gの重さの糸を使っている、ということ。当然ながらデニールが変わると透け感や保温力が変わります。

要するに、伸ばした時に重いものがデニール数も大きくなるということさぽね!

ストッキングとタイツの違いは?

最近はストッキングのように薄いものがタイツとして売られていたりして、区別がよくわからないさぽね><

実はその違いは、3つのポイントによって区別されていたさぽ!

  • 生地の厚み
    30デニール未満がストッキング、30デニール以上がタイツ。
  • 季節
    一年中履けるものがストッキング、寒い時期に履くものがタイツ。
  • 目的
    脚を保護するものがストッキング。靴下の仲間。ファッション・洋服の一部として着用するのがタイツ。

ただし明確に区別されているわけではなく、曖昧なんだとか。大体の区別さえできればOKさぽ!

デニール数によって見た目はどう変わる?

タイツを選ぶ時に一番気になるのが「どんな見え方になるか」ということ。
人によって好きなデニール数や足の太さなどは様々さぽよね。デニール数によっての透け感を把握しておけば、購入の際も迷わずに済むさぽ!

一般的なデニールと見え方の比較

  • 40
    薄手で程よい透け感。フォーマル・カジュアルどちらでも使える
  • 60
    足全体がほんのり透ける。シルエットがきれい
  • 80
    膝頭が透ける程度
  • 110
    透けない。防寒やタイツの色を楽しみたい時に向いている

タイツのデニール比較では、モデルやマネキンなど細身の足ばっかりで、あまり参考にならないという人も。

脚のひざ下は普通・太ももはぽっちゃりという女性が履き比べた結果の写真を見た印象を調べてみたさぽ♪

脚のひざ下は普通・太ももはぽっちゃりという女性が履き比べた比較

  • 20
    ストッキングと同じ
  • 30
    ストッキングにかなり近いが、足首やひざ下など細い部分は黒が濃い
  • 40
    だいぶタイツに近くなる。ふくらはぎの太い部分、太ももの上の方などで透け感が出る
  • 60
    ところどころ透け感を感じるが、全体的に黒い。うっすら透けてる
  • 80
    ほとんど透け感無し
  • 110〜
    真っ黒。透け感は無い

デニール数によって暖かさはどう変わる?

ファッションだけでなく、防寒面でも重宝するタイツ。女性にとって冷え対策は重要さぽよね。
以下の表は、タイツを履いていない時を「0」とした場合の保温率さぽ!

デニール数による保温率の比較

デニール数 保温率
30 約12%
60 約13%
80 約15%
110 約16%
160 約18%

 

暖かさ重視ならヒートテックや裏起毛のものを!

デニール数の大きさに加えて、ヒートテックや裏起毛のタイツであれば足元はぽかぽか!
もっと暖かくしたいなら、重ね履きするのも手さぽ^^
 
なんとなくでしかわかっていなかったデニールについて詳しくなれたかな?
寒い秋冬はタイツでおしゃれも暖かさもゲットさぽ^^♪
 
参考:電力比較サイト エネチェンジ

 - 暮らし