くらさぽ広場

くらしを豊かにする情報発信サイト!

横断歩道は滑りやすい?雪の日の対策を覚えておくさぽ!

      2016/12/01

雪道
東京では観測至上初の11月の積雪を記録したさぽね〜
12月も近づいてきて、ちらほら天気予報で雪マークを見ることも多くなってきたさぽ?

たまにしか雪が降らない地域だと、普段通りの生活ができなくて困るさぽよね><
これからの時期に備えて、今回は雪の日の対策を押さえておくさぽ!

雪の日の服装

帽子をかぶる・手袋をつける

防寒面からも、安全面からも帽子と手袋は着用しておくさぽ!

特に、手袋は転んでしまった時にいつでも手をつける状態二するのに必要さぽね。
また足元が滑りやすくなっている時は傘をさすと手が塞がってしまって危険なので、帽子をかぶって頭が濡れるのを防ぐさぽ^^

上着の丈は腰くらいまで

コートの丈が長いと足元がよく見えずに危険さぽ…!
長くても、お尻が隠れる程度のものを着るようにするさぽ

カバンは口の閉まるものを選ぶ

カバンはファスナーやボタンで口が閉まるタイプのものを持つさぽ。

雪がカバンの中に入り込むと中の荷物が濡れてしまうし、万が一転んでしまった時に中身を外にぶちまけてしまう心配もないさぽ♪

歩きやすい靴を履く

底がフラットでゴムになっているもの、なるべくグリップが深いものが雪道を歩くのには適しているさぽ。

スニーカーは思ったより滑りやすく、また靴の中までビショビショになってしまうので避けるさぽ…!

防水スプレーを多用する

靴、帽子、マフラー、コート、カバンなど水をはじかない素材のものにはスプレーしておくと、雪からのダメージも軽減されるさぽ!

雪の日の歩き方

ペンギン歩きをする

雪国の人は「ペンギン歩き」で雪道を上手に歩いてるさぽ〜
ペンギン歩きはこのポイントを意識して歩くさぽ!

  • 足をあまり持ち上げない
  • 歩幅は狭く
  • 一定の速度でテンポよく歩く

滑りやすい場所を知る

下の3つの場所は、雪国の人が滑りやすいという3大スポットらしいさぽ!
こういう場所を歩く時には特に注意するさぽ…!

  • 横断歩道
    信号が変わりそうだからといって慌てて渡らないようにしましょう。もし雪道に慣れた人が一緒だったら腕に捕まらせてもらいましょう。
  • 店の入り口
    靴の裏に付いた雪をしっかり落としましょう。靴の裏に付いた雪は固まって氷になっています。筆者はコンビニのツルツルの床でよく滑りそうになって冷や汗をかきました。
  • 日陰になっているところ
    一見凍結した道路に見えなくても、凍った上から薄っすらと雪が積もっていることがあります。気付かずに上を歩くと、滑ってしまうことがあります。建物の影になっているところは避ける習慣を付けましょう。

転ぶ時はおしりから

どんなに注意しても、転んでしまうことは必ずあるさぽ。
前に転倒してしまうと氷でズボンが破け流可能性もあるので、転びそうだなと思ったら重心を後ろにして尻餅をつくようにするさぽ!

めったに雪の降らない地域に住んでいると、いざ雪が降った時になかなかうまく対応できないさぽよね^^;
いざ雪が降った時、雪の降る地域に行った時に怪我をしないためにも対策ポイントは覚えておこう!

 

参考:雪国で暮らす人が教える慣れない雪道での注意ポイント nanapi – 生活の知恵があつまる情報サイト

 - 暮らし