くらさぽ広場

くらしを豊かにする情報発信サイト!

もういくつ寝るとお正月♪おせち料理の由来と意味を知るさぽ!

   

おせち料理

おせち料理の由来

奇数が重なる日をめでたいとした中国の考え方(節句)が日本に伝わり、平安時代の宮中では元旦や五節句の宮中行事の際に「節会(せちえ)」という宴が開催されていたさぽ。

そこで振舞われていた料理を「御節供(おせちく)」といい、江戸時代になって庶民が宮中行事を取り入れるようになってから一気にその文化が広がっていったと言われているさぽ。

おせち料理の意味

おせち料理は「めでたさを重ねる」という、縁起を担ぐ意味で重箱に詰められているさぽ。
重箱は上の段から「一の重」「二の重」と数えるんだけど、どの段に何を詰めるのかも決まりがあるみたいさぽ〜!

  • 一の重
    おとそを祝うための祝肴(祝い膳に出される酒の肴)や、口取り(吸い物とともに最初に出す皿盛り物)を詰める。
  • 二の重
    口代わりの酢の物と焼き物を詰める。一の重に詰め切れなかったものや煮物を詰めても大丈夫です。
  • 三の重
    筑前煮や煮しめなどの、季節の野菜を使った煮物を詰める。

重箱に詰められているおせち料理にはひとつひとつに意味があるのはよく知られているさぽよね。
ここからは、それぞれの料理にどんな意味が込められているか一例をまとめてみたさぽ!

一の重に詰める料理

祝肴

・数の子

ニシンは卵が多いので子宝や子孫繁栄を願う。

・田作り

いわしの肥料を使った田んぼが豊作だったところから豊作を祈願する。

・黒豆

この一年まめ(まじめ)に働きまめ(健康)に暮らせるようにと邪気を払い、無病息災を願う。

口寄せ

・紅白かまぼこ

かまぼこの形(半円状)が初日の出の形に似ていることから用いられる。
また、紅白で縁起が良いとされている。

・伊達巻

伊達巻の形が巻物に似ていることから、文化の発展・学問や習い事の成就を願う。

・栗きんとん

きんとん(金団)の字の通り、金の団子つまり金銀財宝を意味し、金運を呼ぶ縁起物。

二の重に詰める料理

酢の物

・紅白なます

紅白の色は水引を表しており、平安と平和を願う縁起物。

・ちょろぎ

ちょろぎは「長老木」「長老喜」「千代老木」といったおめでたい漢字が当てられ、長寿を願う。

・酢蓮

たくさんの穴があることから将来の見通しがいい(先見性がある)という縁起を担いでいる。

焼き物

・海老

海老の姿にたとえて「腰が曲がるまで長生きしますように」と長寿を願う。

・ぶり

ぶりが成長と共に名前が変わる出世魚であることにあやかって出世を願う。

三の重に詰める料理

・昆布巻き

こんぶは「養老昆布=よろこぶ」で不老長寿とお祝いの縁起物。
「子生(こぶ)」の字をあてて、子孫繁栄を願うものでもある。

・煮しめ

根菜を中心とした野菜などを一緒に煮た煮しめには、家族が仲良くいっしょに結ばれるという意味がある。

【煮しめの具材】

  • 里芋
    親芋にたくさんの小芋が付くことから子宝に恵まれますようにという願いが込められている。
  • 陣笠椎茸(椎茸)
    椎茸の笠を陣笠に見立てたもの。神様へのお供えとして珍重されていた椎茸は、元気・壮健への願いが込められている。
  • 梅花にんじん(にんじん)
    花が咲くと必ず実を結ぶ梅は縁起ものとされている。
    また、にんじんの赤色は寿をあらわすとも言われている。

 

こんなにたくさんの意味が込められているなんて知らなかったさぽ…!
おせち料理を食べるときは、その料理の意味を考えて今年一年どう過ごすかを考えてみてほしいさぽ!

 

参考:いい日本再発見 おせち料理の由来は?どんな意味があるの?

 - 季節の行事