くらさぽ広場

くらしを豊かにする情報発信サイト!

どこまで元どおりにすればいい?賃貸物件の原状回復について!

   

工具の写真

最近は原状回復できるDIYのやり方も増えていて、賃貸物件でも比較的自由にお部屋作りをすることができるようになったさぽね♪

でも、原状回復の内容をきちんと理解してDIYしているさぽ?
もしかしたらセーフだと思っていたことも、契約違反で退去時にお金がかかってしまうかも…><

そもそも原状回復ってどこまでやる必要があるさぽ?
今回はそんな疑問を解決するさぽ〜

原状回復義務は「借りた当初の状態に戻さなくてはいけない」という訳ではない!

国土交通省が公表している「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では、原状回復について「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失。善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義しているさぽ。

もう少し簡単に説明すると、

  • 借主の故意・過失によるもの
  • 借主の誤った使い方によるもの

などによる破損等はもちろん借主側が負担しなければならないけれど、畳の色あせなど、普通に生活している中で自然に状態が悪くなっていったものに関してはそのままでいいということなんださぽ!

部屋を借りた時より状態が悪化している部分を元どおりにするのにかかる費用を全部しなければならないということではないんださぽね!

どういった状態のものが借主負担になる?

故意に破損・傷つけたものはもちろんだけれど、特に注意しておきたいのは手入れの怠りによるもの!

日頃手入れをしている状態が通常であるという考え方なので、台所の水垢やお風呂場のカビなどは放置して汚れが落ちなくなる前に常に綺麗にしておくことが大事さぽ!

借主負担になる具体例

賃借人負担となるもの
手入れを怠ったもの
用法違反
不注意によるもの
通常の使用とはいえないもの
  • 飲みこぼし等の手入れ不足によるカーペットのシミ、冷蔵庫下のサビを放置した床の汚損、引越作業等で生じた引っかきキズ、賃借人の不注意によるフローリングの色落ち
  • 日常の清掃を怠ったため付着した台所のスス・油、結露を放置して拡大したカビ・シミ、クーラーからの水漏れを賃借人が放置して発生した壁等の腐食、喫煙によるヤニ等でクロスが変色したり臭いが付着している場合、重量物をかけるためにあけた壁等の釘穴・ビスで下地ボードの張替えが必要なもの、天井に直接付けた照明器具の跡、落書き等故意による毀損
  • ペットにより柱等にキズが生じ、または臭いが付着している場合
  • 風呂・トイレ等の水垢、カビ等、日常の不適切な手入れもしくは用法違反による設備の毀損、鍵の紛失または破損による取替え、戸建て住宅の庭に生い茂った雑草の除去

引用:全国賃貸不動産管理業協会

反対に、下記のものは負担しなくても良いもの^^
もし退去時にこういったものを負担するように言われたら、不要な支払いとなるので断ることができるさぽ。

貸主負担になる具体例

賃貸人負担となるもの
通常の住まい方で
発生するもの
  • 家具の設置による床・カーペットのへこみ、設置跡
  • テレビ・冷蔵庫等の後部壁面の黒ずみ(電気ヤケ)
  • 壁に貼ったポスター等によるクロスの変色、日照など自然現象によるクロス・畳の変色、フローリングの色落ち
  • 賃借人所有のエアコン設置による壁のビス穴・跡
  • 下地ボードの張替えが不要である程度の画鋲・ピンの穴
  • 設備・機器の故障・使用不能(機器の寿命によるもの)
建物の構造により
発生するもの
  • 構造的な欠陥により発生した畳の変色、フローリングの色落ち、 網入りガラスの亀裂
次の入居者確保の
ために行うもの
  • 特に破損等していないものの、次の入居者を確保するために行う畳の裏返し・表替え、網戸の交換、浴槽・風呂釜等の取替え、破損・紛失していない場合の鍵の取替え
  • フローリングのワックスがけ、台所・トイレの消毒、賃借人が通常の清掃を行っている場合の専門業者による全体のハウスクリーニング、エアコン内部の洗浄

引用:全国賃貸不動産管理業協会

 

どういったものが借主負担の「原状回復」になるのかを知っておけば、無駄な費用を支払うことなく、敷金や保証金を返してもらえるさぽ!
なかなか続かないという人も、これを機にこまめに掃除する習慣身につけてはいかがさぽ?

 - 暮らし