くらさぽ広場

くらしを豊かにする情報発信サイト!

ついに突入!梅雨の語源はどこからきているくら?

   

梅酒

6月も中旬になり、いよいよ梅雨入りした地域も増えてきたくらね!

この時期よく聞く「梅雨」という言葉、どうしてこんな呼び方をするようになったのかみんなは知っているくら?
今回は、梅雨の由来や意味などを調べてみたくら☆

「梅雨(つゆ)」の由来

6月~7月の長雨のことを梅雨(つゆ、ばいう)と呼ぶくらよね!
語源は中国にあって、日本には「梅雨(ばいう)」という読み方で伝わってきたくら。
それが江戸時代になると「梅雨(つゆ)」という読み方に変わったと考えられているんだくらよ☆

どうして「梅の雨」と書いて「梅雨(ばいう)」なのか

語源にはいくつかの説があると言われているんだけれど、6月~7月の時期に「梅の実が熟す時期」にあることにちなんでつけられた説が最も有力だと言われてるくら!

その他にも、毎日のように雨が降るので、毎日の「毎」から「梅」の字を当てて梅雨と呼んだ説や、黴(カビ)をもたらすことから「黴雨(ばいう)」と呼ばれていた説もあるみたい☆

でもやっぱり「梅の実が熟す時期に降る雨」の説が一番しっくりくるくら(^o^)

実際に梅の収穫時期は6月なの?

梅で有名な和歌山県では、6月上旬から6月下旬にかけて梅の収穫をするみたいくら!
水分と日光を十分に吸収して、美味しい梅の実を実らせるんだくら☆

前回の水無月に続いて、由来のある言葉が多くてとてもおもしろいくら(^_-)-☆
いつもは憂鬱な梅雨の時期も、梅の実を想うとなんだかほっこりしておだやかな気持ちで過ごせそうくらね♪

 
参考:http://utuyoiro.net/

 - 季節の行事, その他