くらさぽ広場

くらしを豊かにする情報発信サイト!

もうすぐ夏がやってくる…!食中毒予防のポイント第1段!

   

食中毒

梅雨のジメジメしたこの時期、怖いのは食中毒さぽね?
今日は食中毒予防についてお話しするさぽ(。・_・。)

家庭での食中毒予防は、食品を購入してから、調理して食べるまでの過程で、細菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」をどう実践していくかにかかっているさぽ!

「食品の購入」「家庭での保存」「下準備」「調理」「食事」「残った食品」の6つのポイントのうち、今週は第一弾として前半の3つのポイントについて紹介するさぽよ☆

■食品の購入

・消費期限を確認する

消費期限と購入日が近い商品は要注意!
消費期限内に消費できるかを考えて購入することで食品ロスも防ぐことができるさぽ☆

・肉や魚はビニール袋に入れる

生鮮食品は食中毒の原因菌が繁殖しやすいさぽ!
なので生の食品は個別にビニール袋に包んで、他の食品に汁(食中毒の原因菌)がかからないようにするさぽ☆
又、氷や保冷剤を使って近距離であっても鮮度を保つ工夫は必要さぽよ。

■家庭での保存

・冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下

帰ってすぐに冷蔵庫に入れるのはもちろんだけど、温度は大丈夫さぽ?
詰め込みすぎると冷蔵庫の湿度は上がってしまうさぽ!
7割程度を心がけて、冷気の循環を意識しながら保存するさぽ。

・肉や魚はビニール袋に入れる

冷蔵庫に入れる時にビニール袋から出す人もいるんじゃないさぽ?
上で紹介したように、生の食品は菌が繁殖しやすいから、冷蔵庫で保管するときにもビニール袋から出さないようにするさぽ!

■下準備

・丁寧に洗う

調理前に手を洗うことはもちろん、野菜などの食材や、包丁、まな板などもきれいに洗って清潔な状態で使用するさぽ!
肉用、魚用、野菜用と包丁やまな板を使い分けできると安心さぽね☆

・自然解凍は避ける

そもそもスーパーで売っているお肉やお魚は、解凍商品である可能性もあるので冷凍しないことが懸命さぽ(*_*)
しかし冷凍して保存している人も多いのは現実さぽね…。
なので解凍するときはせめて自然解凍は避けて、冷蔵庫やレンジでの解凍を徹底するさぽ!

 

日頃から気をつけているポイントはあったさぽ?
わたしはビニール袋に入れたほうがいいって初めて知ったさぽ!
今日からお買い物の時に気をつけるようにするさぽ☆
次は残りの3つのポイントを紹介するさぽ〜!

 

参考:https://www.kotubankyosei-iyashiya.com/health/syokuchudoga/

 - 暮らし