くらさぽ広場

くらしを豊かにする情報発信サイト!

宮崎の冬は夜神楽の季節。伝統文化「高千穂の夜神楽」にマナーを守って参列するさぽ!

   

高千穂の夜神楽

宮崎の文化として、国の重要無形民俗文化財にも指定されている「夜神楽」
宮崎の人なら知らない人は居ないくらい有名だけど、実際に見たことあるという人は少ないさぽ?
特別な儀式なだけになかなかとっつきにくいイメージのある夜神楽だけど、マナーを守れば初めての参列でも十分堪能する事ができるさぽ♪

 

そもそも「夜神楽」ってなに?

夜神楽とは、里ごとに氏神(うじがみ)様を神楽宿と呼ばれる民家や公民館にお招きし、 夜を徹して三十三番の神楽を一晩かけて奉納する、昔からの神事です。

例祭日(れいさいび)は集落によって異なり、毎年11月中旬から翌年2月上旬にかけて、町内二十の集落で奉納されます。

引用:神話のふるさと宮崎/宮崎の神楽

神事とは「神に関するまつりごと、儀式」のこと。夜神楽は神聖なものなんださぽ…!
ちょうどいまが夜神楽の季節だけど、それ以外の時期には「高千穂神楽」が毎晩行われているさぽ!

夜神楽の見どころ

国の重要無形民俗文化財に指定されている「夜神楽」

各集落の夜神楽は天照大神(あまてらすおおみかみ)をはじめ、 日本の神話や伝説の中に登場する神々が総出演します。
夜を徹して三十三番の神楽を奉納する「高千穂の夜神楽」は、昭和53(1978)年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。

高千穂の里人が祀る神様の中心は、荒神様と呼ばれる山の神と、五穀豊穣をもたらす水源の神。
それは山から降臨し、里人と共に舞い遊び、別れを惜しんで帰られる神であり、里人を守護する神でもあります。

各里ごとで変わる夜神楽の舞

各集落では舞う順番などが前後したり、題目が変わったり、それぞれの集落で舞いものが異なります。同じ夜神楽でも違った趣があり、いくつかの夜神楽を見るのもまた違った面白さがあります。

もっとも重要なよど七番

一番から七番までをよど七番(よどななばん)と呼び、普通にはこの七番で願成就となります。
このよど七番では神々が天孫降臨(てんそんこうりん)の場を固めて国造りをしたことを表しており、中でも、 一般には神降(かみおろし)・鎮守(ちんじゅ)・杉登(すぎのぼり)の三つを指す「式三番」は一番重要で、 必ず舞います。

また、よど七番が終わった後も、安産祈願の舞や、厄難を払う舞、豊作を祈る舞など様々な舞が続きます。

日本神話を題材にした終盤の山場「岩戸五番」

夜明け頃に行われる岩戸五番(里によっては六~七番あることもあります)は、夜神楽の中でも大変人気のある舞です。

天照大神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸(あまのいわと)に隠れられてしまった折に、 岩戸の前で天鈿女命(あめのうずめのみこと)が調子面白く舞ったことにより、神々が大笑いし、 不審に思った天照大神が姿を表したという日本神話が題材にされております。

 

事前の準備

スケジュールを確かめます。

代表的な高千穂神楽の場合、午後2時ごろからの神迎えや道行などから見ることができます。一晩中、神楽宿で鑑賞することは可能ですが、近くで宿が取れる場合は、時々、宿で休憩を取りながら鑑賞することをおすすめします。地元の人と同じように、歩いて神楽宿に向かうのもいい体験です。フィナーレ、神様をお送りする神送りまで翌朝まで執り行われます。

防寒具、懐中電灯の準備を。

神社の境内や、民家で行われることが多く、窓を開け放した状態なので、防寒具は必須。カイロや毛布を持参しましょう。宿泊所や車を停めた場所から夜道を歩くので、懐中電灯も持っていると安心です。雪が降り始めた場合に備えて、車のチェーンも準備しておきましょう。

お供えを準備。

鑑賞する場合は、焼酎2本(地元の酒屋で頼めば、地元の焼酎に熨斗を付けてくれます)か、それに相当するお金(2千~3千円程度。ご祝儀袋に御初穂または御神前と書きます)をお供えするのがマナーです。神楽宿に到着するまでに、焼酎やご祝儀袋、細かいお札、筆記用具などを準備しておきましょう。

食事や飲み物も。

地域によっては、竹筒で焼酎を温めた「かっぽ酒」や煮しめなどが振る舞われる場合もありますが、儀式料理のため供されない地域もあります。食事や、温かい飲み物は自分で準備しておきましょう。

引用:神話のふるさと宮崎/宮崎の神楽

 

神楽鑑賞のマナー

神楽は神事であることを忘れずに

各集落での夜神楽は、年に一度、神々を迎えて共に舞い遊ぶ「神事」として受け継がれてきました。見学者は「神事に参列する一夜氏子」という気持ちを忘れずに、各所のしきたりとマナーを守って楽しみましょう。携帯電話も電源を切るか、マナーモードに。

撮影は他の人の迷惑にならないように

カメラやビデオによる撮影は、見学の方や他の撮影者の迷惑にならないよう気をつけましょう。地区によっては三脚や一脚を禁止しているところもありますので、必ず確認を。
ブレーカーが落ちて神楽が中断するトラブルを防ぐ意味からも、神楽宿のコンセントを借りることは控え、予備のバッテリーを準備しましょう。

引用:高千穂観光WEB

 

高千穂の夜神楽は宮崎に住んでいるなら是非見ておくべき文化さぽ!
分からないことがあれば、地元の方聞くのが一番!マナーを守って正しく夜神楽を楽しむさぽ♪

参考:神話のふるさと宮崎/宮崎の神楽

 - 地域情報